年月日
内容
備考

2016

6/26(日)

 

「タイ料理教室」主宰

タイ料理研究家 鈴木 都先生

 

タイ王室専属の料理家に師事。その洗練された味は高い評価を受けています。最近では有名イタリアンシェフとのコラボレーションディナー、レストランのプロデュース、TV出演など活躍の場を広げている鈴木 先生。 フレッシュな食材から作るタイカレーは、市販のカレーペーストを使った物とは比べものにならない美味しさ!小嶋イチオシの本格タイ料理です。HPはこちら

 

<講習内容>

◍グリーンカレー

「グリーンカレーペースト」とそのペーストを使って作る「グリーンカレー」

◍カイルーク・クイ(ゆで卵を炒めた料理)

◍ミントときのこのラープ

◍ココナッツミルク寒天

 

 <グリーンカレー ペースト>

プリッキーヌ

プリックチーファー

レモングラス

カー(生姜の一種)

にんにく・ホムデン

パクチー 他

フレッシュな素材のペーストを使った「グリーンカレー」

 

 

日本では珍しいマクアポアン(小茄子)も入っています

 

カレーに添える「カイルーク・クイ」。炒めたゆで玉子。辛さが苦手な人もこれがあれば大丈夫!

 

 

<ミントときのこのラープ>

簡単、おいしい、ヘルシーと大好評!

きつね色に炒めて、細かく砕いたお米をトッピング。

香ばしさと粒々感でおいしさアップ。

 

 

 

     

 

<ココナッツミルク寒天>

         

白い「ココナッツミルク寒天」の上には紫の寒天

美しい紫色も天然の色素!

 「アンチャン」の花

「アンチャン」の花を煮だした青い水にライムの搾り汁を入れると、ふしぎ不思議!紫色に!まるで化学の実験。

 

タイの街を歩けばタイ人と思われて、タイの人にも道を聞かれるという都先生。タイを知り尽くした先生ならでは、の楽しく興味深いお話が盛りだくさんの講習会、ありがとうございました。

 

 

2016

5/17(火)

 

 

 

 

「ラ・ターボラ・シチリアーナ」主宰

佐藤礼子 (Rei) 先生

 

シチリア在住。料理教室「ラ・ターボラ・シチリアーナ」を主宰。 日本ではなかなか習うことが出来ない「シチリア料理講習」は大人気。 Reiさんの楽しいお話と、皆で全メニューを実習して和気藹々の講習会となりました。

著書に「イタリアで一番おいしい家庭料理/シチリアのおうちレシピ」(講談社)

シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子」(誠文堂新光社)

 

<講習内容>

◍ Biscotti di fichi

イチジクのビスコッティ

 

◍ Maccheroni alla Norma

手打ちパスタマッケローニのノルマ風

 

◍ Maiale alla pizzaiola

豚肉のピッツァ職人風

 

 

 

   

全員でパスタ作り。火の通りをよくする為、中心にはマカロニのような穴を作ります。

楽しんで作ったパスタの味は格別!

茹でたてのパスタをパッサータのソースと茄子であえます

           

<手作りパスタ>を

<豚肉のピッツァオーラ風>に添えて

 

イチジク、アーモンド、蜂蜜など、シチリアらしい食材で作ったフィリングを間に入れた生地。好きな形に成型します

 

カラフルな「カラースプレー」で飾るのがシチリア流。

クリスマスシーズンのお菓子

 

<イチジクのビスコッティ>

                   

Reiさんのお話を聴きながらの楽しいランチ。専用の機械を使わずに出来る手作りパスタは、来客の時に披露すれば盛り上がる事間違 いナシ、とみなさん大喜びでした。次回はどんなパスタが習えるか、期待が膨らみます 。

 

 

2016

1/30(土)

 

「無彩庵 池田」 池田昌章シェフ

 

恒例となった、池田シェフの「フレンチ講習会」も今年で4回目。無彩庵の味を家庭でも作れるように工夫されたコースメニューは毎回大好評で、リピーターの受講生も増え大盛況の講習会となりました。また今回は、軽井沢を訪れた時「無彩庵」で食事をするのが楽しみ、とおっしゃる親子で一般参加して下さった方もいらして、池田シェフの人気の高さ がうかがえました。

 

<講習内容>

◍前菜

豆乳のブランマンジェ  / 小諸・田口さんの苺 / 魚介のパフェ!?仕立て

桜海老のサブレ

◍スープ 軽井沢・依田さんの紅くるり大根のポタージュ、カラスミ
◍メイン 信州地鶏紅しぐれ胸肉・冬トリュフの真空調理 / 五郎兵衛米のバターライス / 温度卵、焦がしバター
◍デザート

クレームブリュレ(ほうじ茶風味 )

ブラウニー2種

   

(右)

豆乳のブランマンジェ

小諸・田口さんの苺

魚介のパフェ!?仕立て

 

(左)

桜海老のサブレ

 

 軽井沢・依田さんの

 紅くるり大根のポタージュ

 カラスミ添え

 

  

    (紅くるり大根)

      

信州地鶏紅しぐれ胸肉・冬トリュフの真空調理

五郎兵衛米のバターライス/温度卵、焦がしバタ ー。上にはトリュフの細切りを贅沢に散らしアクセントに。

 

クレームブリュレ

    (ほうじ茶風味)

ブラウニー2種

 

※デザートは小嶋が担当

 

 

    

信州のこだわり食材を使い、その美味しさを最大限に引き出すシェフの調理法は、目から鱗が落ちる(?)数々の工夫で料理好きの方達も大満足の講習会。今回も地元醸造家の白・赤・スパークリング3種のワインを頂きました。<軽井沢まで行かずに「無彩庵」のランチが楽しめる講習会>として人気上昇中! !

 

 

 


 

Copyright © 2006 Oven Mitten All rights reserved.
当サイト内の文章・画像について無断転載はご遠慮願います。
オーブン・ミトン
〒184-0004 東京都小金井市本町1-12-13 TEL/FAX 042-385-7410
info@ovenmitten.com